(有)とようけ屋とようけ屋山本とようけ茶屋生湯葉 七彩庵周辺案内MAP京都のお豆腐屋さん
 

※順不同 [1] [2]

紫野大徳寺の小川さん

小川豆腐店三代目 小川郁夫氏
〒603-8217 京都市北区紫野上門前町55
TEL:075-492-2941
平成18年度 味の匠 京のフードマイスター認定

創業明治23年(1890年)息子さんで四代を数えるお店で、紫野大徳寺東の通り、北端の石垣塀の向いにあります。
臨済宗大徳寺派大本山紫野大徳寺、最古の精進料理店大徳寺門前の大徳寺一久の御用達です。

大徳寺の竜翔寺には大徳寺派の修行堂があり近くの人は「大徳寺僧堂」と呼んでいます。小川さんも僧堂さんのお出入りです。僧堂産のお会式(えしき)には大徳寺一久さんから調理に入られるようです。

小川さんは絹ごし豆腐と木綿も造っておられますが木綿はいわゆる京豆腐と云われる木綿と絹ごし豆腐の間のような柔らかな食べ易いものを造っておられます。かなりの技術をお持ちのようです。甘みのある濃い味のものをと思っておられるようです。おいしいです。吉野豆腐(くず豆腐)も美味!!


黒谷の服部さん

南禅寺とうふ® 株式会社 服部食品 創業明治四十三年
代表取締役 服部一夫氏
〒606-8331 京都市左京区黒谷町3番地
TEL:075-771-0114 http://www.nanzenjitofu.jp/

吉田山の南の端にある幕末、会津藩が京都守護代を置いた大本山 金戒光明寺、通称 黒谷さんの山門前を北へ上がった所にある豆腐屋さんですが、昔から南禅寺一帯がお得意様で、大本山南禅寺より「南禅寺とうふ」の商標の使用許可を受けておられます。又、湯豆腐で有名な順正さんのお出入りです。

大本山南禅寺 御用達
湯豆腐 順正 お出入り。

豆腐屋仲間では、手汲みの木綿豆腐(いわゆる京豆腐と云われる、絹ごしと木綿の間の柔らかい木綿豆腐)。国産大豆100%で良い物を造られる、として知られていますが、にがりを使用した柔らかい木綿豆腐に力を入れておられるようです。
小売りはされていないので、順正さんの湯豆腐で味を見て下さい。又、量販店にも少し卸しておられますので、大本山南禅寺 御用達 服部のラベルを見られたら、お買い求め下されば幸いです。


※順不同 [1] [2]