(有)とようけ屋とようけ屋山本とようけ茶屋生湯葉 七彩庵周辺案内MAP京都のお豆腐屋さん
新着情報店主挨拶年表当店使用大豆について お土産 労働基準法についての疑問 


店主挨拶

今から百年以上も前の明治三十年(1897年)、私、山本久仁佳の祖父・山本粂造が京都・北野天満宮門前町、北野・下の森に豆腐屋を始めました。
以後、二代目山本市平、三代目の私、山本久仁佳、四代目の息子の航と明治・大正・昭和・平成と四代に渡り、うちの豆腐を美味しいと云って下さるお客様に支えられ、戦争で移転休業を余儀なくされることもありましたが、つつがなく商いをさせてもらっています。

北野の「山本豆腐店」も「とようけ屋山本」に名を変え、平成四年に北野天満宮前に豆腐料理の「とようけ茶屋」を、平成九年には湯葉工房「七彩庵」を建て、平成十年には今の「有限会社とようけ屋」となりました。

ほんまに時代は変わりました。このようにインターネットを介してみなさんにお目にかかれるのも技術の進歩のおかげです。せっかくの好機ですから有限会社とようけ屋の豆腐の事、生湯葉の事、茶屋の事をいろいろな角度から知ってもらえたらと思っています。

時代は変わっても、私どもは変わりません。
大上段に高級を振り翳す事なく、御町内御用達を誇りに思い 、出来る限り日常使いの値段で最高の品質のものを提供する事を使命として、又、一人でも多くの方々に京都へおいで願えればと思い精進しています。

お客様から教えていただくことも多うございます。
心に命じて少しずつ努力を襲ねていきたいと思います。どうぞ今後ともご贔屓に。

三代目店主 山本久仁佳